「ほっ」と。キャンペーン
タグ:今日のお仕事 ( 91 ) タグの人気記事
今日のお仕事 <2015. 6.23> Vol.2
神谷町のフレンチ「シェ ウラノ」さんにてディナー…

7名、「SP魚介類のサラダ」7人前の予約をさせていただいていました (^^) 魚介類は季節によって味が変わるので このサラダは毎回味が違うのですが、いつも同じウラノ風… この「風」が最高に美味しいのです。ワインはベルジュリードロルチュ白が最もお薦め! お肉料理 仔羊キャレのローストは、芯のお肉も 皮目の脂も 骨の間も全て最高! そして毎度解釈難儀な今日のデザートは「生姜とマンゴー」だそうです。詳細を訊いたところで覚えていないので、この説明で正解です (^^; お味はこちらも最高!リースリング片手におかわりしたかったです。
ご馳走さまでした m(__)m
b0179093_17201711.jpg


by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2015-06-23 23:24 | ワイン(下記タグ参照) | Comments(0)
今日のお仕事 <2015. 6.23>
社内試飲…
2013 BOURGOGNE ROUGE / MEO-CAMUZET FRERE & SOERS
2013 MARSANNAY ROUGE / MEO-CAMUZET FRERE & SOERS
2013 FIXIN / MEO-CAMUZET FRERE & SOERS

ワインに携わって30年以上になりますが、前半の5年は健全な状態を判らずに過ごした勿体ない時間。メオさんのワインを知ったのは幸いにその後。健全さを覚えてから20ヴィンテージほど飲んでいます。2013年の繊細で やや影のあるしっとり感は何年振りでしょう。環境に左右されやすいデリケイトな一面もあります。グラスも選びます。素晴らしく緻密です。マルサネは閉じ切っています。ブルゴーニュルージュとフィサンはバランスの良さに頷きますが、やはりじっくり味わうには今秋まで待ちたいワインです。
b0179093_17172541.jpg


by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2015-06-23 23:14 | ワイン(下記タグ参照) | Comments(0)
今日のお仕事 <2015. 6.12>
幡ヶ谷のフレンチ「ディズユイット」さんにて食事会…

コクレジョンヌのバロティーヌをメインディッシュに泡ばかり5種類の贅沢な食事会でした。50才にもなりますとあっさりした料理は歓迎ですが、こう言う昔の(基本がしっかりした)フランス料理も大好きです。ワインが無いとつまらないと言うか、ワインを飲んで完成する料理ですね! そして、香味が綺麗なままのクレマンドブルゴーニュ&シャンパーニュの美味しいこと!こう言う料理の美味しさと こう言うワインの美味しさをもっと沢山の人に知ってもらいたいなー… と強く強く思うのでした。

前菜の「空豆のムース カリフラワーソース」& 2014 PICPOUL DE PINET / MOULIN DE GASSAC が予定外に美味しいマリアージュでした!この土日でしたらお召し上がりいただけるかもしれません。ディズユイットさんまでお問い合わせください。
b0179093_17141697.jpg

by a-ponkichi | 2015-06-12 17:11 | ワイン(下記タグ参照) | Comments(0)
今日のお仕事 <2015. 6. 9>
渋谷「イザカヤ バン」さんにてディナー…
1996 VOLNAY 1ER CRU, CLOS DES DUCS / Domaine MARQUIS D'ANGERVILLE

1996年、「ビオディナミ」と言う言葉が日本でも聞こえ始めた頃、先代のジャック ダンジェルヴィルさんはこの10年後から自所がそれに転じるとは夢にも思っていなかったでしょう。収穫から19年ですが、グラスのエッジ、液面の外周にまだオレンジ色は見え始めてもいません。タンニンはしっとりと滑らかで、強目の酸がしっかりと支えています。正に水捌け良く、筋肉質な昔のデュックです。が、スワリングしても甘い果実味が出てこないのは閉じているから。この状態で資質を感じることも貴重な経験です。

牛テールのパスタと 2011 MEURSAULT 1 ER CRU, SANTENOTS / Domaine MARQUIS D'ANGERVILLE が意外なマリアージュで美味しかったです!
ご馳走さまでした m(__)m
b0179093_17111131.jpg

by a-ponkichi | 2015-06-09 23:08 | ワイン(下記タグ参照) | Comments(0)
今日のお仕事<2015. 6. 8>Vol.2
西麻布「レデ」さんにて…
CREMANT DE BOURGOGNE BRUT BLANC / CHATEAU DE LA VELLE

ピノノワール、シャルドネ、アリゴテ、それぞれの長所が旨くブレンドされたムルソー村近辺のクレマン。今日5本目の試飲です (^^) 炭酸ガスが元気なので、苦味を感じることがありますがそれはいたって健全です(炭酸ガスによる苦味は後味に残りません)。抜栓して時間が経っても甘エグさやアルコール感は出てきません。このフレッシュさを守っているのがコルクです。ほぼ元の形状に戻る柔軟性、復元力がワインを健全な状態に保っています。ワインの状態はコルクが語っています。

このクレマンにビワっぽさがあることに今日気付きました。ご馳走さまでした m(__)m
b0179093_1783351.jpg

by a-ponkichi | 2015-06-08 23:58 | ワイン(下記タグ参照) | Comments(0)
今日のお仕事 <2015. 6. 8>
西麻布のワインバー「ル キャヴィスト」さんにて、チーズとワインの会…

今日は主催側でなく参加者です (^^)
チーズ+ワインショップ ランス(神戸)の代表 福田さんのお話しを伺いながら、マリアージュの勉強です。チーズの熟成期間が数日違うだけでその味わいは勿論のこと、ワインとの相性も驚くほど変化します。「○○のワインには△△チーズ」などと軽々と口に出来なくなります。綺麗に熟成した塩分の美味しさは初体験。チーズによって異なるナッツやクッキーのような甘くて香ばしい旨味もあります。チーズとワイン、贅沢で優雅な世界です…

ご馳走さまでした m(__)m
b0179093_1753074.jpg

by a-ponkichi | 2015-06-08 23:03 | Comments(0)
今日のお仕事 <2015. 6. 7>
2013 MUSCADET SEVRE ET MAINE SUR LIE
/ Domaine des HAUTS PEMIONS(8℃)& 和吉グラス【F-400】
自宅にて…

グラスに注いで1~2分すると、液体に溶け込んでいる炭酸ガスが現れてきます。これはワインが適切に扱われ、健全な状態を維持している目安のひとつでもあります。シュールリーならではの旨味ものって、季節的にも最もまとまった美味しさを感じる2013年です。たまには生クリームたっぷりのお料理といかがでしょう?
b0179093_1734593.jpg

by a-ponkichi | 2015-06-07 23:00 | ワイン(下記タグ参照) | Comments(0)
今日のお仕事 <2015. 6. 4>
吉祥寺「ブラッスリー マリアージュ」さんにて…
(また来てしまいました…)
CHAMPAGNE TRICHET DIDIER
/ BLANC BRUT RESERVE 1ER CRU & 和吉グラス【T-340】

テラス席でいただくシャンパーニュは更に格別! & 和吉グラス。炭酸ガスも旨味成分も失わず、香りがしっかり伝わってきます。ちなみに僕は3年前までシャンパーニュは飲めませんでした (^^;
シャンパーニュファンの方、シャンパーニュが苦手な方、マリアージュさんで体験していただけます。
b0179093_1659521.jpg

by a-ponkichi | 2015-06-04 23:57 | Comments(0)
今日のお仕事 <2015. 6. 1>
新入荷ワイン社内試飲

2014年は例年に増してヴィンテージの個性より、生産者のセンスと技術が窺えるように思えます。全体的に未だ荒々しい一面もありますが、それもこの時期ならではの味わいです。特にミュスカデの微炭酸は見事にホロ苦く、シュールリーによる旨味が出るにはいつも通り数ヵ月先でしょう。現在販売中の2013との使い分けを楽しみたいです。
モンクールもせめて半年は待ちたいところですが、毎年その頃には完売してしまいますので、皆さまのお手元でゆっくり休ませていただければと思います。
b0179093_16561673.jpg

by a-ponkichi | 2015-06-01 23:48 | ワイン(下記タグ参照) | Comments(0)
今日のお仕事 <2015. 5.27>
2014 BERGERIE DE L'HORTUS CLASSIC BLANC / IGP VAL DE MONTFERRAND & 和吉グラス【T-340】
自宅にて…

今日午前中は検品作業… やや液漏れしているボトルを自宅で開けてみました。抜いたコルクを割ってみると凄い腐敗臭。初めての臭い。幸いワインには未だ感染しておらず、美味しくいただけました。

当たり前ですが、初めて口にした2014年ヴィンテージは初体験の味わいでした! 作柄やセパージュの詳細はまだ確認していませんが、「ブドウは完熟させることが常に良い」訳ではない時代を感じます。南国果実を中心にしたミックスフルーツの香味がクラシックキュベならではの個性ですが、14年は柑橘香がはっきりしています。僅かなリンゴ酸が最も溌剌としたヴィンテージです。試しにレモンを手の甲に数滴搾って舐めてみると、とても好くハモります。アルコール表記は12.5%、2013年は13.5%。今までとはちょっと違うマリアージュが出来そうです。
b0179093_1647066.jpg

by a-ponkichi | 2015-05-27 23:44 | Comments(0)