「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ワインの真話 ( 56 ) タグの人気記事
今日のお仕事 <2015. 4.28>
ワインの状態 etc…

①アルコール発酵終了からビン詰めまでの間、ワインは酸化的な熟成状態にあります。②ビン詰めされてから抜栓されるまでは還元的な熟成状態にあります。③更に、抜栓してから美味しく飲める間は再び酸化的熟成状態にあります。健全なワインの場合は、この後徐々に酸化に向かいますが、酸化はワインがどの状態にあっても起こります…

輸入ワインの場合、輸送の段階でその多くが既に醸造所にあった状態ではなくなっているように見えます。業界関係者を対象に開催される試飲会でも、健全な状態のワインに出会えることは殆どありませんが、出品ワインのほぼ全てが健全な状態だった試飲会があり、主催者にそのワインの素性を訊ねたところ、開催日に合わせて全量空輸されたとのことでした(※空輸であれば良い訳ではありません)。なるほど悪酔いしている参加者も見当たらない訳です。健全なワインを求めるには、輸入会社も、酒販店も、レストラン(ソムリエ)も消費者も、手元に届く直近の管理と輸送状態を自身の目で確認することは最低限必要です。特にエンドユーザーになる消費者のリスクは大きいですので、せめて注文される販売店の環境は確認された方が後々安心です(繰り返しになりますが、口コミ等ではなく自身の目で確認することが大切です)。購入されたワインが納得できる美味しさであれば良いですが、「こういうもの?」と疑問を持った時ほど納得できる対応を得られるはずです。難しいのは「健全な状態」が人によって異なること… これは食品全てに言えることですが、賞味期限の表示も不要な酒類の場合、その判断はほぼ自由と言えます。最終的には自身で見極めるしかありませんが、判断方法は難しくありません。

唾が出るワインか?
飲んでいてお腹が空くか?
食べたい料理が浮かんでくるか?です。

ワインの健全さに値段や点数、ビオか、有機か、自然派か、などは関係ありません。優れた生産者ほどこれらをセールストークにはしないものです。

<2015. 4.27>社内試飲…
写真左は4月13日17時から試飲を続けている2013 ARBOIS, SAVAGNAN OUILLE / Domaine du PELICAN。
果実香味は未だクリーンでフレッシュ。フローラルで柔らかい舌触りに品格があり、酸味に旨味が乗ってきています。写真右は全くタイプの異なる同銘柄他社品2011年。
b0179093_13185991.jpg

by a-ponkichi | 2015-04-28 23:16 | ワイン(下記タグ参照) | Comments(0)
今日のお仕事 <2015. 4.25>
都内某ワインバーにてランチ…

ルミエさんのボンヌマールは20年熟成。幾重にも深く濃厚なブーケに鼻が押されるほど。ハーランのスペシャルリザーブキュヴェは2001年。城主からのプレゼント品を当主がハンドキャリーで持ち帰えられた1本。アルコール度数14.5%、ナパ生粋のカベルネソーヴィニヨンです。これらのグランヴァンと和吉グラス、他著名ワイングラスと比較をさせていただきました。
b0179093_13233755.jpg

ボンヌマールと和吉グラス【F-400】もそうですが、ハーランに和吉グラス【T-340】は、容量が小さ過ぎて見えるようですが、高級ワインに合わせる(と言われる)大きなグラスと比べるとワインの味わいは見た目以上に異なります。香りの複雑さと味の立体感です。800mlを越えるグラスは、アルコール度13%前後の現代のワインには大き過ぎます。

これらのグランヴァンの後に開けた CHAMPAGNE BRUT BLANC DE NOIRS, GRAND CRU / TRICHET DIDIER が素晴らしかったです。デゴルジュマンから1年半、輸入されてから半年。完全に落ち着き、見事にエレガントです。メゾンで飲ませていただいた時と同じガス圧で、尚且つ極めて滑らかなムースです。ピノノワールのパワフルさだけでなく、華やかさと柔らかさのバランスが崩れていないシャンパーニュは希です。
ご馳走さまでした m(__)m
b0179093_1324115.jpg

ところで、こちらの某ワインバーはワンコOK (^^)。粗相しない、吠えない、テーブルのお料理を食べない…などのマナーは必要かと思いますが、行ってみたい方はご連絡ください。
by a-ponkichi | 2015-04-25 23:21 | ワイン(下記タグ参照) | Comments(0)
今日のお仕事 <2015. 4.16>
ジュラの試飲4日目…

殆どのサンプルは、酸化した醤油や熟成を越えた牛肉にも似た匂いが日に日に強まっています。雄弁な講釈を添えてもらっても難しそうです。シェリーの特徴になぞられるアペラシオンですが、全く違います。元々こういう味なのか、何処かでこういう味になってしまったのか、嗜好の問題なのかは、これらのドメーヌを訪問させてもらわなければ何とも言えません。
b0179093_13313799.jpg

唯一褐色化していないペリカンのみ、色以外の要素が深まり、まだまだ試飲を続けられる変化を感じさせます。昨日気付いたのですが、表ラベルに「MARQUIS D'ANGERVILLE」。裏ラベルには「IMPORTED BY FINESSE ,CO LTD」と印刷されていました。

試飲は「樹グラス」を使用。
写真のワインはペリカンではありません。
by a-ponkichi | 2015-04-16 23:30 | ワイン(下記タグ参照) | Comments(0)
今日のお仕事 <2015. 4.13>
社内試飲 17:00 抜栓
Domaine du PELICAN /
2013 ARBOIS, CHARDONNAY
2013 ARBOIS, SAVAGNAN OUILLE
2013 ARBOIS, TROIS CEPAGES

ドメーヌデュペリカンはドメーヌマルキダンジェルヴィルが2012年にモンティニーレアルスール村に設立したドメーヌです…
b0179093_13401479.jpg

弊社にとっては初めて取り扱う産地な為、同地方のワインを幾つか買い集めて比較試飲してみました。何れにも共通する大変に強い個性があります。それは甘露飴や黒酢の香りと 熟成の進んだサラミや漬物に似た後味ですが、ペリカンにはありません。この後何日もかけて試飲を続けてみたいと思います。
by a-ponkichi | 2015-04-13 23:38 | Comments(0)
今日のお仕事 <2015. 4. 1>
新入荷ワイン。
試飲という最後の検品…
b0179093_1357552.jpg

2011年のコートドールは、暖か過ぎる春から始まり、以降局地的なゲリラ豪雨等々の天候不順が続きます。2012年は、開花期まで寒さが続き、結実不良や雹等、あらゆる病害が蔓延します… こんな情報でヴィンテージチャートは作られるのでしょうか? ようやく味わいが落ち着いてきた2012年は押し並べて明朗で万能アイドル的です。それに比べて2011年は地味に捉えられているようですが、造り手によってはぞくぞくするような迫力が潜んでいます。天候不順な年ほどデクラッセされたり、高樹齢のブドウ割合を高めたり等々、職人の意地は「ヴィンテージ」と言う数字から読み取ることは出来ません。ドメーヌワインが難しく楽しいところではあります。それにしても不作が続いている21世紀ですが、個性には溢れています。

3月30日に抜栓した試飲ワイン中、
2011 BOURGOGNE PASSETOUTGRAIN / EMMANUEL ROUGET と 2012 BOURGOGNE ALIGOTE / NICOLAS ROUGE は突出です。
by a-ponkichi | 2015-04-01 23:54 | ワイン(下記タグ参照) | Comments(0)
今日のお仕事 <2014.11.13>
2013 BERGERIE DE L' HORTUS ROSE
/ A.C COTEAUX DU LANGUEDOC
社内試飲 11.10 17:00 抜栓

白桃の甘い果実味が出てきましたが、常温で試飲しても爽快さを感じ ニースのそよ風も吹いています。この清涼感が気になってドメーヌに訊いたところ、セニエ法ではなく、直接圧搾法で造ったそうです。醸し発酵と果汁発酵の違いですから風味はかなり違うわけです。リンゴ酸については訊き忘れましたが、これも気のせいだとは言い切れません。例えばですが「Tavel rose はセニエ法で造る」というような暗記はあまり意味がないわけです… ロゼワインを「素晴らしい!」と賛すると疑われそうですが、凄く美味しいロゼです!この週末はダイニングの窓を全開にして パスタと合わせてみてはどうでしょう?(^^)

by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2014-11-13 22:00 | Comments(0)
今日のお仕事 <2014.10.20>
シャトーから届いた 2011 CHATEAU LE TEMPLE のサンプル。
現在販売している2002年と2009年との比較試飲…
社内試飲 17:00 抜栓。

b0179093_10464852.jpg
2011年ははっきりした輪郭と親しみやすい果実味で若いうちから魅力的です。2002年と同じくアルコール度数は13%。重厚感と甘さに品が合ってタンニンの舌触りも滑らかです。2002年は完全にブーケの世界ですが果実味は瑞々しく、枯れた印象は全くありません。2009年は香り味共に充実してタンニンも強く、迫力があります。アルコール度数は14%。マスメディアのお陰で売りやすいヴィンテージですが、飲みやすいヴィンテージではありません。今から10年経っても 2002年の今日の味わいの方がまとまっているでしょう。ワイン市場の不思議は、こう言う晩熟なヴィンテージほど早く売買されてしまうこと…

さて毎度ながら、注目はこの3ヴィンテージのコルク。左から '02 '09 '11 ですが、柔らかさやワインの滲み具合等が殆ど同じ状態であること。コルクが健全でばければ ワインの健全さは保てません。

今週金曜日のフレンチ「ディズユイット」さんでのワイン会はこのCHATEAU LE TEMPLE と 熟成肉100%の特製ハンバーグをいただきます!

by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2014-10-20 22:41 | ワイン(下記タグ参照) | Comments(0)
今日のお仕事 <2014.10.18>
2008 PERNAND-VERGELESSES ROUGE, VIEILLES VIGNES
/ FRANCOIS JEANNIAR
2008 VOLNAY / LUCIEN BOILLOT & FILS
2007 VOLNAY / LUCIEN BOILLOT & FILS etc.
自宅にて…

b0179093_10395881.jpg日本酒の「ひやおろし」とは少し意味は違いますが、ブドウの収穫が終わる頃 ワインは濃密さと立体感が増します。9月初旬の試飲でチョー無愛想な振る舞いだったペルナンヴェルジュレス赤(2008年 フランソワーズジャニアール作)と他数種類のピノノワーを自宅で開けてみました…

2008年はとてもタニックですが抜栓時間をしっかり設ければ(今日は9時間) 甘旨味もしっかり出てきます。先月は3日経っても開きませんでしたが…2007年も柔らかい果実味と魅力的なブーケを感じさせてくれ、これからもまだまだ楽しめるヴィンテージであることを教えられました。コルクを開けるタイミングと グラスに注ぐタイミングによってワインの表情は全く異なります。ボトルバリエーションとは違う世界のバリエーション。幸せな季節の幸せなワインでした。

by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2014-10-18 22:36 | ワイン(下記タグ参照) | Comments(0)
今日のお仕事 <2014. 9. 9>
CREMANT DE BOURGOGNE BRUT ROSE / CHATEAU DE LA VELLE
自宅にて…

b0179093_9482452.jpgピノノワール100%。これを売り過ぎて BOURGOGNE PINOT NOIR の輸入量が減ってしまったことがあります… 今更ですが、和吉の風船形グラス【F-400】でも試してみました。泡立つ量の少なさと小ささの見た目は同じです。樽形グラス【T- 340】と比べると 香りはややアルコールを強く感じますが果実香も強く感じます。口に運ぶと噎せるほどに強いガスにびっくりします。舌が後退するだけでなく、上唇とクレマンの接触面積も増えるからです。ガス圧の弱まったシャンパーニュには良いかもしれません。





コルクはいつも通り極めて健全。抜栓後30分も経たずにほぼ元(抜栓前)の大きさまで戻っています。ワインの健全さはコルクが物語っています。
b0179093_9532975.jpg


by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2014-09-09 22:44 | ワイン(下記タグ参照) | Comments(0)
今日のお仕事 <2014. 8.29>
2007 CHABLIS GRAND CRU, LES PREUSES / Domaine du PETIT PONTIGNY (7.14 17:00 抜栓)
2009 CHABLIS 1ER CRU, VAILLONS / Domaine du PETIT PONTIGNY (6.23 17:00 抜栓)
社内試飲

b0179093_8531683.jpg
今日一番の試飲。このドメーヌの正式名称は「CAVES JEAN & SEBASTIEN DAUBISSAT」です。
VAILLONS の試飲もいよいよ終盤ですが、LES PREUSES は完全にピークを過ぎています。健全な瑞々しさを感じられるのは抜栓後3日まで。GRAND CRU と 1ER CRU の格差より、ヴィンテージの体力の違いを感じる比較試飲でした。...

日本酒に「古酒」なるカテゴリーが流行り始めた頃に、某酒造会社の方にこんなお話しを伺ったことがあります。「単に長く寝かせたものが古酒ではありません…」「一般的に"古酒"と名付けて売られている多くのものに老香(ヒネコウ)があります…」と。文字通り「老いた香り」ですが、その色と香りはピークを過ぎた樽醸造のシャルドネとも似ています。日本で流通している多くのシャンパーニュにも同様の香りがありますが、好まない人もいれば好む人もいます。

※ 現在販売中の LES PREUSES は 2006年ヴィンテージです。

by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2014-08-29 23:40 | ワイン(下記タグ参照) | Comments(0)