<   2012年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧
12-247 炭火焼肉 あもん
<10月20日・夜>
久しぶりに来れました。「炭火焼肉 あもん」さん。
b0179093_21353819.jpg
毎度のアミューズ。トロトロの牛ロースでウニが巻かれて山葵があしらわれています。何を飲んだら良いのでしょう? 何を飲んでも美味しいので、「何でも飲んでください」と言うことでしょう。いえ、「一通り飲んでください」と言うことでしょう。
b0179093_563625.jpg


おおよそ一通り飲んで、夜が明けました・・・
b0179093_21505168.jpg
そう、池袋で久しぶりの車中泊。
ぽん吉の夕食も高級焼肉丼でした! が、
浮遊香は漂うようです。

超高級牛ですので安くはありません。
でも安いです。
なので満席です。
要予約!

次はいつ来れるかな~?
ねっ、ぽん吉!?

by. ponkichi パパ
by a-ponkichi | 2012-10-23 21:24 | | Comments(0)
12-246 おでんと赤ワイン
<10月19日・夜>
2009 BOURGOGNE PASSETOUTGRAIN / TRAPET PERE ET FILS

おでん2日目。
今夜は赤。ブルゴーニュパストゥグラン(2009年 トラペ 作)。
赤ワインの時のおでんには黒コショウ。
旨いです。
b0179093_2057551.jpg

昨日の白ワインもそうなのですが、樽熟成したブルゴーニュのワインに疲れながらブルゴーニュのワインが飲みたい時にはこれでしょう!優しく疲れを癒しいてくれます。が、美味しさに身を任せていると バッカス小僧はイタズラを仕掛けてきます。
b0179093_2111121.jpg

いつのまにやらマールドブルゴーニュ(シャトードラヴェル作)。
おつまみはチョコレートクッキー。
美味しいです。

明日起きられるかー!?


by.ponkichi パパ
by a-ponkichi | 2012-10-23 20:52 | | Comments(0)
12-245 おでんと白ワイン
<10月18日・夜>
2009 BOURGOGNE ALIGOTE / CHATEAU DE LA VELLE

おでんも美味しい季節になりました!
どんなお酒でも楽しめるところがまた重宝なメニューでもあります。
b0179093_1945012.jpg


今夜はブルゴーニュアリゴテ(2009年 シャトードラヴェル作)。このワインも多くの料理に合わせらて重宝する白で、常にわが家のセラーには数本が横たわっております。

わが家のブログには何度も登場している組み合わせです。マリアージュは? そう!和辛子の替わりにマスタードです。因みにこの日は粒マスタードしか無かったのですが、ディジョン産の練ったものの方が合います。冷製の料理には「粒」、温製の料理には「練り」が合う傾向があります。何ででしょうね?

by.ponkichi パパ
by a-ponkichi | 2012-10-22 19:43 | | Comments(0)
ワインの真話 第25話 <ワインの開花> 12-244
<10月16日・夜>
2009 BOURGOGNE PINOT NOIR / BRUNO DESAUNAY-BISSEY

10月10日・・・ ワインが美味しくなる日です。特にピノノワール種から造られるブルゴーニュの赤ワインは何とも妖艶な魅惑を振り撒き始めます・・・
b0179093_16162472.jpg
殆どフランスワインしか口にしないので他の国のワインは分かりませんが、ピノノワールに限らず 乳酸菌発酵しているワインの多くは毎年この時期に突然開花します。ブドウの樹が暖かい時期に発芽・開花・結実し、寒くなると落葉し、樹液を止めて越冬するように、発酵したブドウ(つまりワイン)にも成長期や休息期等の年間サイクルがきっとあるのでしょう。
開花したワインは香りが濃く、様々な味の要素がまとまって立体感が現れます。そしてそれら全体のボリュームは1年前のこの時期よりも大きくなっています。徐々にではなく突然変貌するのですが、これは健全なワインに限って言えることです。健全でなければ成長できないのはワインも同じでようです。残念ながら変質してしまっているワインにはこのような変化はない為、知らず知らずにそれらが日常酒になってしまっている場合は「人間の感じ方が季節によって違うんじゃないのー?」と思われるでしょう。たしかにそれもあるとは思います。


何やら始めから脱線してしまいましたが・・・
今日飲みましたのは ブルゴーニュ ピノノワール(2009年 ブリュノデゾネビセイ作)

墨や漆のような匂い。また、藍染めの様子を観させてもらった事がありますが、発酵中の藍の匂いも感じます。妻に「これ何の匂い?」と訊くと「インクを飲ませた牛の○○の匂い!そんなんしたことないけど」と。どれも美味しそうな匂いではありませんが、高級(高額とは違います)な赤ワインにはこれらに似た匂いが共通してあります。ワインに限らずご馳走には紙一重的なものが沢山ありますね。高級な赤ワインには共通した要素がもうひとつあります。それは、見た目(色合い)よりも味わいの方が強いと言うこと。質や性能が見た目よりも優れていることも「いいモノ」には共通してるかもしれませんね!?見た目は大事ですが、一番大事なのは中身です。でも今の時代は逆か?そういえばワインの売り場がそうです。品質を重視した暗い売場よりも明るくライトアップした売場の方が客は集まります。品質なんてどうせ二の次なんだからコストが高い保冷車やリーファーコンテナーなんて使う意味も無く・・・ よって、ワインの劣化はワイナリーを出た瞬間から始まっているのが現実。今日もこのトラックを見ました。以前にも投稿しましたが、荷室を覗くとやっぱり他社品のスナック菓子。保冷などされていませんので荷室の扉は開けっぱなしで作業。この会社が考える「ワインに最適な温度」とは常温のことだとすると看板に偽りはありませんが、トラックには「REEFER CONTAINER CAR」の文字が・・・残念。
b0179093_16145038.jpg

でもやっぱり大事なのは見た目より中身です。

どうも今日は脱線してしまいます (-.-)


by.ponkichi パパ
by a-ponkichi | 2012-10-21 16:04 | ワイン(下記タグ参照) | Comments(0)
12-243 一般人も歯が命

土曜日から奥歯が痛み出した夫。日曜日の散歩もお休みしてしまうほど。
で、日曜日は噛まずにすむポタージュのリクエスト。
おでんの買出しをして楽しみにしていましたが、がっかり・・・
でも、じゃが芋に塩蒸し南瓜を足したポタージュが思いがけず美味だったので、
まっ、良しとします。
昨日は歯医者さんで神経を抜き痛みから開放されスッキリした様子。
さすがに昨日は禁酒し早寝しておりました。歯は人生をかえてしまう!の巻・・・
本日、完全復活した夫は自らワインを選んで張り切っておりました。大丈夫か・・・?

b0179093_0211162.jpg
本日のお弁当 残ったポタージュ&玉子ロールパンなり

by.ponkichiママ
by a-ponkichi | 2012-10-16 23:46 | Comments(0)
12-242 私もおばあちゃん・・・?
待ちに待った嬉しいお知らせ。
今年、結婚した神戸の甥っ子に長男誕生!
私のひとつ下の妹は、おばあちゃんに。
淡路の両親は曾おじいちゃん&曾おばあちゃんになりました(祝)
届いた写メールの赤ちゃんは甥っ子似。口元は笑えるほどおばあちゃん似。
きっとお喋りな男の子になることでしょう・・・

ところで、私との関係は?
おばあちゃんの姉だから、やっぱりおばあちゃんだよね・・・調べました。
4等親で祖父母の兄弟姉妹(大おじ・大おば)だって。おばあちゃん免れ大叔母でした。
「東京の大叔母さま」ってとこ。
「パリの叔母さま」(百恵ちゃん主演:赤い疑惑の岸恵子)って呼ばれたかった・・・わ。

甥っ子は現役の保育士で22歳の新米パパ。立会い出産で感動して少しだけ泣いたそう・・・。
あんたが産まれた時のことが昨日のことのように思える叔母からのエール、頑張れイクメン!

b0179093_2303692.jpg

本日のお弁当

by.ponkichiママ
by a-ponkichi | 2012-10-15 22:33 | Comments(2)
12-241 自家製 鯵の干物
<10月13日・夜2>
2011 MUSCADET SEVRE ET MAINE, SUR LIE / SELECTION DES HAUTS PEMIONS

近所で火事があった夜の献立・・・
自家製と言っても妻の実家は淡路のお父ちゃん作。
釣るところから始まっている正真正銘の自家製。有難くいただきました。
b0179093_2072213.jpg
塩をしてから夜露に当てないように3日間干すそうです。旨味が凝縮して軽く炙るだけで最高のオツマミとなります。アミノ酸繋がりでミュスカデを開けました。普通は日本酒でしょうか?でもけっこうイケます。柔らかいチーズが添えてあったら かなり面白いマリアージュとなりそう。この後、日本酒と合わせてみましたがあまり進まず・・・ やってみないと分かりません。

by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2012-10-15 20:16 | | Comments(0)
12-240 burn! no2
<10月13日・夜>

夕食中、何やら近所が騒がしくてサイレンの音が増すばかり。
ぽん吉と外に出てみると・・・
b0179093_951538.jpg
今日は本物の火事です!!
ぽん吉はネコのような雄叫び?を上げ、
抱き上げると心臓がバクバクでした。
何を思ってるのかな~。
資材置場のような建物なので、怪我人などが出ていなければよいのですが・・・

見える範囲の消防車が6台。
近所の道路はそこら中に「KEEP OUT」の黄色いテープが張られて通行止めに。
人は集まって当然。
その集まった人達の間を歩く消防士にびっくり!
ニヤニヤしながら「この人たちってみんなヒマなんだねー」と。

必死の活動をする消防士さんからすれば僕たちはただの野次馬で、
仕事の邪魔になることもあるでしょう。が、
ニヤニヤはおかしいぞ!
直ぐに思い出したのは、桶川ストーカー殺人事件の時の埼玉県警上尾警察署の記者会見

この消防士も普通じゃないな!!


by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2012-10-14 10:12 | Comments(0)
12-239 This is "up! "
<10月13日・朝>

通りがかり、
まだ開店前のVWショールームに額をくっつけていたら・・・
b0179093_2252526.jpg
「乗ってみませんかー?」と嬉しいお言葉 (^_^)
こちらも発売ホヤホヤの「アップ」と言いますお車。

グレードによっては国産軽自動車よりもお安いドイツ車にございます。
いや~、素晴らしい!
詳細な高性能さはググってもらうとしまして。

運転する楽しさが戦後間もないビートルに通じます!
開発コンセプトも設計者も時代も違い過ぎるのですが・・・
脈々と流れる「気質」だったり、
これに賭ける「気迫」みたいなものがそう感じさせるのでしょうか。
因みにニュービートルに乗ってもビートルは連想しません。

何より関心&感心するのはその価格。
「安い」のです。
「安っぽい」とは違います。
「薄い」と「薄っぺらい」も然り。
「ぽい」とか「ぺらい」部分に掛けられる手間やコストは寂しいと言うか残念と言うか・・・
ロマネコンティ風のラベルが張られたテラストギレムなんて寂しくて飲めません・・・
まー とにかく、安いのに安っぽくないのは大変にハイセンスなのです。

ぽん吉、こんなに小さいぽん吉号はどう?
b0179093_2248378.jpg
大きいぽん吉号と小さいぽん吉号があるといいねー!? (^^)

by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2012-10-14 00:26 | Comments(0)
12-238 Growing Up
<10月13日・昼>

こんなに沢山のワンコに会うのは久しぶり~!
そして おやつタイムも久しぶり~。
b0179093_21122712.jpg

ちょっとチラ見はしてしまいますが・・・
おやつに集合せずに伏せていられます。

こんなことに喜ぶ飼い主は傍から見たらヘンでしょうね (*^-^)


by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2012-10-13 22:41 | ワンコ | Comments(0)