17-010 階段から落ちる
先週の土曜日早朝、
実家のネコを追いかけ、階段3段ほど滑り落ちて悲鳴を上げたぽん吉。
救急病院にアドバイスをもらって、
4時間ほど様子を見てからお世話になっている病院へ行きました。
レントゲン室からも悲鳴が聞こえて、もう生き地獄。そして、後悔先に立たず。
骨折は見つかりませんでしたが、椎間板と神経を痛めている可能性はあり。
消炎&鎮痛剤をもらって1週間…

昨日病院に行ってきました。
最悪の心配はなく回復に向かっているでしょう、とのことで
ようやく一安心出来ましたが、100%ではありません。
更に2週間の薬をもらって、安静に。

はじめの三日間は薬が6時間ほどしか効かず、トイレも出来ず、
ぽん吉の悲鳴で目を覚ましました。
四日目から徐々にトイレも出来るようになりましたが、
トイレ場まではカートで往復しています。
この一週間ほぼ付きっ切りでぽん吉を看病している妻は凄いです。

自分達自身、身体を壊わして初めて健康の有難さを感じるものですが、
今回はぽん吉を通してそれを実感しています。
座れること、立てること、歩けること、食べられること、眠れること…
当たり前のことの有難さ。そして当たり前のことが出来ない人やワンコ達が居ること。

安静はまだひと月続きます。
頑張ろうね!ぽん吉。
実家の階段にも早く滑り止めを敷かなきゃ…

by.ponkichiパパ

b0179093_13583535.jpg
滑り落ちた後、病院へ行く前。震えて動けない状態。毛並みが普通じゃない。

b0179093_14023355.jpg
三日目。震えながら座われるように。でも座ってしまうと今度は横になれない。

b0179093_14055912.jpg
滑り止めを敷き詰めて、トイレの為の苦肉の簡易スロープ。ここを下りるのに40分。ぽん吉もママもパパも忍耐。

b0179093_14090761.jpg
「動いちゃダメよ…」の言葉を真面目に聞いているぽん吉。


b0179093_14105916.jpg
昨日のお昼の日向ぼっこ。健康な寝顔は宝物。もう少し頑張ろうね。















by a-ponkichi | 2017-04-16 14:21
<< 17-011 安静10日目 17-009 お魚と日本酒とぽん吉 >>