今日のお仕事 <2014.10.20>
シャトーから届いた 2011 CHATEAU LE TEMPLE のサンプル。
現在販売している2002年と2009年との比較試飲…
社内試飲 17:00 抜栓。

b0179093_10464852.jpg
2011年ははっきりした輪郭と親しみやすい果実味で若いうちから魅力的です。2002年と同じくアルコール度数は13%。重厚感と甘さに品が合ってタンニンの舌触りも滑らかです。2002年は完全にブーケの世界ですが果実味は瑞々しく、枯れた印象は全くありません。2009年は香り味共に充実してタンニンも強く、迫力があります。アルコール度数は14%。マスメディアのお陰で売りやすいヴィンテージですが、飲みやすいヴィンテージではありません。今から10年経っても 2002年の今日の味わいの方がまとまっているでしょう。ワイン市場の不思議は、こう言う晩熟なヴィンテージほど早く売買されてしまうこと…

さて毎度ながら、注目はこの3ヴィンテージのコルク。左から '02 '09 '11 ですが、柔らかさやワインの滲み具合等が殆ど同じ状態であること。コルクが健全でばければ ワインの健全さは保てません。

今週金曜日のフレンチ「ディズユイット」さんでのワイン会はこのCHATEAU LE TEMPLE と 熟成肉100%の特製ハンバーグをいただきます!

by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2014-10-20 22:41 | ワイン(下記タグ参照)
<< 14-300 呑んだり食べたり記録 今日のお仕事 <2014.10... >>