今日のお仕事 <2014. 8.15>
2009 CHATEAU LESTRILLE ROUGE / A.C BORDEAUX SUPERIEUR と 和吉グラス【T-340】
自宅にて…

b0179093_1424876.jpg昨晩は家でもレストリーユ。同じ09のタンプルにするか迷って…結局は両方とも飲んじゃいました (^^) メルロー種90%、ステンレスタンク100%醸造ですのでメルロー種らしいネットリ感とスパイシーさが味わえます。ワイングラスは左からA社(670ml)、B社(550ml)、和吉グラス【T-340】(340ml)

Aの香りはふっくらでボリューミー。スパイシーさはその奥に嗅ぎとれます。唇が当たるグラスのリム部が僅かに内側に湾曲しているので唇は僅かに緊張します。味わいは豊な香りの印象よりも淡く、若い酸味はスパイシーさと一緒にアルコールの奥で遠慮しているようです。

Bは香りの量感は断トツ。スパイシーさはAより更に後退します。味わいは 良く捉えれば大変柔らかく、悪く捉えれば淡い。豊潤な香りとのギャップが大きく 酸味が丸いせいか味の余韻も断トツに短い。このグラスはどのワインも香りを豊潤に感じさせ、第一印象はとてもリッチです。

ワインを注いだ直後の【T-340】の香りは3社中最も弱いです。ところがスワリング後や時間の経過とともに逆転していきます。スパイシーさは最初から最後まで生ブドウの香味と共にリアルです。味の出方は勿論ですが、味の抜け方も三社三様。時間が経過するほど同じワインとはとても思えない香味になります。ワインの評価は それを行う人によって異なるのは勿論ですが 使うグラスによっても大きく異なります。

by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2014-08-15 23:59 | ワイン(下記タグ参照)
<< 14-248 サンシャインワー... 14-247 カレーに変身! >>