14-202 鯛の新生姜蒸し
<7月1日・夜>
2012 TERRASSE DE GUILHEM VIEILLES VIGNES BLANC / MOULIN DE GASSAC
b0179093_14193294.jpg
最適温度9℃のテラスドギレムですが、和吉グラスなら10℃でもいいですね。
b0179093_14225076.jpg
塩糀に一晩漬け込んだ鯛の切り身と新生姜の蒸し物にオリーヴオイルをたら~りかけていただきました。テラスの白とよく合って美味しい。醤油糀に漬けたのと食べ比べ。
夫は醤油糀、私は塩糀の方が好みでした。翌日、冷蔵庫で冷たくなった塩糀のにお醤油をかけるとご飯にぴったりなおかずになりました。

   ―作り方―
 ①厚めの鍋に洗ったひと口大のキャベツを敷詰め、千切り新生姜(かなり多め)
  をのせ、その上に塩糀または醤油糀に漬けた鯛の切り身を並べ、
  その上にも新生姜をのせる。
 ②無水鍋ならそのまま、焦げるのが心配なら水少々をキャベツの下に入れ中火で蒸す。
  鯛に火が通れば出来上がり。火を通しすぎると硬くなるので注意。
                以上、超簡単
 ※鶏むね肉や豚肉でもおいしいかも。あっ、鰯でもやってみよ~

新生姜だからテラス白と合うのでしょうね。ひね生姜ではどうかな・・・
旬ならではのマリアージュ、楽しみましょう!
b0179093_14484789.jpg
定番の冷奴はオリーヴオイルとお塩で。お豆腐はキッチンペーパーに包み水切りしておくと美味しいです。

by.ponkichiママ
by a-ponkichi | 2014-07-04 14:51 | | Comments(0)
<< 14-203 お手伝い 14-201 今が旬「ハリマ蛸」 >>