14-186 プレットのテリーヌ
<6月13日・夜>
2007 BOURGOGNE BLANC / MEO-CAMUZET FRERE & SOEUR

今は無き(泣 根津の名店メゾンデュシャテーニュ。
現在放浪中のシェフにいただきましたテリーヌ。フランスはブレス産のプレットとトランペット茸がぎっしぎしに詰まった一品、と言うか名作! 本来は冷製だと思いますが 今日は少量のバターで軽く焼いていただきました・・・
b0179093_762374.jpg

蒸し野菜にはマスタードをたっぷりつけて・・・ワインはブルゴーニュ白(2007年 メオカミュゼ作)。シャルドネの熟成感を”リーズナブル”に楽しむには少々の知識とセンスは不可欠となります。生産者とAOC&ヴィンテージのバランスと言うか相性と言うか。このワインを「シャルドネ」とか「モンラッシェ」と呼ばれる(名付けられた)丸いグラス(風船形と言う)に注ぐと 香りばかりで輪郭の薄いアルコリックな味になります。且つ、「白は冷やす」レストランで飲むことは「無駄遣い」か「自己満足」かのどちらかです。人の器は語れませんが、ワインの器は3番目に大切です。ちなみに1番目はワイン自体の鮮度! 2番目は呑む時の温度!!です。

いや~、世の中には旨いもんがあるもんです。
ご馳走さまでした m(_ _)m


by.ponkichiパパ







by a-ponkichi | 2014-06-15 21:05 | | Comments(0)
<< 14-187 ハーブブーケレッスン 14-185 鯛とオリーヴオイ... >>