14-104 グラスもフォークも美味しく使おう!
<4月9日・ディナー>
2007 MORGON, VIEILLES VIGNES / GUY BRETON

シュタットシンケンさんの白カビサラミとモルゴン(2007年 ギーブルトン作)・・・
b0179093_16443927.jpg

ギーブルトンさんのドメーヌでワインと一緒に自家製サラミをいただいて知った意外な相性。白カビに包まれて熟成した肉の風味とモルゴンは何とも美味であります。

2007年のモルゴン・・・
若いアントシアニンは退色し始めていて、これをブルゴーニュタイプと称されるグラスに注ごうものなら「イッちゃってるね」呼ばわりされそう・・・
ソムリエも含め多くのワイン消費者は皆素直で、「ブルゴーニュ」と名付けられたグラスにブルゴーニュを注ぎ、泡立つ「フルート」にシャンパンを注ぎます。その常識?はご飯をフォークの背中に乗せて食べる 今は昔のテーブルマナーのようで、飲む人も飲まれるワインも何だかかわいそうなのであります。

小樽形の NEW my グラスに注いだモルゴンは 色合いからは想像出来ない豊潤な味わい。お酒の表現には普通「芳醇」と書くようですが、瑞々しい完熟苺を想わせるギーブルトンさんの熟成したモルゴンは「豊潤」なのであります (^^)
イッちゃってません。かなりキテます!


by.ponkichiパパ







by a-ponkichi | 2014-04-09 23:42 | ワイン(下記タグ参照) | Comments(0)
<< 14-105 充電 14-103 菜の花の辛し和え >>