13-070 蝦夷鹿のハンバーグ
<3月18日・夜>
CROZES-HERMITAGE, SILENE / J.L.CHAVE SELECTION

メゾンデュシャテーニュさんからいただきました蝦夷鹿のハンバーグ。
わが家にはオーブンがないので、フライパンに隙間があくように蓋をして少量のバターを含ませるように焼いてみました。ワインはクローズエルミタージュの赤(09年 シャヴセレクション作)・・・
b0179093_8543882.jpg


付け合わせは妻十八番のニンニク味噌ドレッシングで和えたサラダ。
鹿肉とこのワインも十八番の組合わせで予想通りのマリアージュ。
意外だったのはタマネギの甘い香りと苦辛さが鹿肉&ワインとも良かったこと。
たぶんニンニク味噌が予想以上に良い仕事をしいるのでしょう。

ところで「シレーヌ」とは・・・
このワインに感じる品のある野性味と青苦さは生産者の特徴。数々のスパイス香は産地の特徴。そして(意外に形容されない)ハーブやユリのような香りはこのブドウ品種の特徴でもあります。ひと言にするととてもエキゾチックなワイン。このワインにつけられている SILENE(シレーヌ)と言うニックネームは「酒神バッカスの養父の名」のようですが、この言葉が指す意味は SILENE(シレネ)と言うナデシコ科の花や葉の香り、それがこの地のシラー種なんだよ・・・なんてフランス人的に想像してみるとまた違った魅力も湧いてきます。

蝦夷鹿のハンバーグはこの旬最後の贅沢メニュー。クローズエルミタージュも飲める時期は限られてます。美味しいものはそう言うもんです。
ご馳走さまでした m(__)m

by. ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2013-03-20 13:08 | Comments(0)
<< 13-071 今日のぽん吉 13-069 ウチ呑み、ウチごはん >>