12-283 ラ ブランシュ
<12月4日・昼>

ラ ブランシュさんです。
b0179093_8425893.jpg

30年前だったらビストロの風情ですが、薄っぺらいものに溢れたこの時代においては本物志向の数少ないレストランであります。数少ないと言えば、メニューに書かれた料理が全て美味しそうで 注文に時間がかかってしまう数少ないレストランでもあります。
b0179093_8441182.jpg

料理のやや今風な装いは今風なお客様への配慮かと思われますが味わいはしっかりしたクラシックなのでオジサンでも落ち着いて楽しめます。卓上の花やウェルカムカードはどのレストランにもありますが、こちらのお店の床はいつも隅々までピッカピカで、こんな所にもてなす心を感じたりします。
b0179093_8453542.jpg

お任せで供していただきましたワインはマルサネの赤(07年 ジャンルイトラペ作)。ブーケへの過渡期。あと2年か3年か。今の04のようにその頃にはなくなっているだろうな~。
b0179093_8463544.jpg

ご馳走さまでした。

by. ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2012-12-05 06:38 | | Comments(0)
<< 12-284 ちょっと贅沢 12-282 観客のいない闘牛場 >>