12-265 フォアグラとトリュフのソーセージ
<11月19日・夜>

「黒べこや」さんです。
b0179093_17445210.jpg

ソーセージが楽しいお店で、楽し過ぎて いつも日付が変わってしまいます (^^)
なんと言ってもスペシャルなのはフォアグラとトリュフのソーセージ。これに合わせていただきましたワインは つい先週行ってきましたアルザスの特級畑「ゾンネングランツ」のゲヴュルツトラミネール。
あー 毎日でもいただきたい至福の美味しさ。でも毎日いただいたらこの腹もフォアグラになってしまいましょう。

写真撮り忘れまして、
上の写真はオーストラリア産の牛で値段は国産の6/1だそうですが、とろけるような国産よりこちらが好みです。ワインはシャルムシャンベルタン(05年 ジャンルイトラペ作)。言わずもがなブルゴーニュの特級畑。「可愛いシャンベルタン」と言う意味でありますが、味わいも価格も重厚でありす。先日 生産者さんに「シャルム(チャーミング)とは言えない力強さ・・・」などとぬかしましたところ、「シャルムは女性的・・・」とのお答。釈迦に説法であります。
でも、多分、このような特級畑のワインを一生のうちに何度口に出来るかわかりませんが 宝クジにでも当たらない限り「チャーミングだな~」とは決して発言できないと思われます。

お肉を焼いてくださいました黒べこや店主さま、ワインを選んでくださいました三鷹のカヴィストさま、ありがとうございました m(__)m

by. ponkichiパパ


このお店には日付変更線が通っています。
by a-ponkichi | 2012-11-23 18:16 | | Comments(1)
Commented at 2012-11-29 10:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 12-266 キノコのパイ包み焼き 12-264 今日のぽん吉 >>