12-120 久しぶりに妻 咬まれる・・・
<5月18日 早朝>

昨日は深夜になって雷。
過呼吸か心臓発作を起こしそうなぽん吉を囲んで全員(二人+一匹)寝不足です。

朝5時半、
座椅子で寝ていたぽん吉が急に
布団に横になっていた妻に襲いかかり、
手をガブリ!
半日経っても血が止まらず
文字通り泣く泣く病院へ・・・

咬む柴犬で悩んでいる飼主さんはご存知だと思いますが、
柴の「ガブリ」は闘犬の如くです。
ぽん吉はこのところも「少しずついいコになってきてるな~」と
思っていた矢先なのでショック・・・
攻撃性を100%消し切ることが難しい柴犬の危険な部分が出来(しゅったい)。
心身共に激痛であります。

咬まれっぱなしでは何も改善されませんし、
強く叱ってもワンコには理解できず、
力で立ち向かえば関係は更に悪化。
手に負えなくなって、
最悪、人間の勝手な都合によって殺処分・・・
「森田流のしつけ」が凄いのは具体的な対処が明確なこと。
ひとつひとつ改善されて信頼関係が築かれていきます。
その積み重ねでここまで更生してきたぽん吉ですが、
今朝は久々の危険で大きな一難でした。

この後の散歩では
かなり改心した様子でしたが、
しばし、注意して経過観察です・・・トホ。

by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2012-05-18 22:30 | ワンコ | Comments(4)
Commented at 2012-05-19 08:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by a-ponkichi at 2012-05-19 09:51
Sakuraさま、ぽん吉への愛情あふれる思いやりのお気持ち本当にありがとうございます。今回のことはブログに載せるか迷いましたが、柴犬の噛む行動で悩んでいらっしゃる方に読んでいただければ。と、二人で考えアップしました。
Sakuraさまの言われる通り、ぽん吉の心の中にある古傷が原因で自信を守るための防衛本能の現れだと思います。前夜や最近の雷で緊張続きだったこともあるでしょう・・・。ぽん吉には理由があります。リスクは承知のうえで一緒に寝ているのに私の意識、注意不足が悔やまれます。ぽん吉の心を傷つけていまいました。
噛んだあとのぽん吉は、項垂れて心底落ち込んでいます。ご免なさいと手を舐めてくれます。そこへ昨日の雷です。震えるぽん吉を抱きしめて落着くのを待って病院へいきました。傷の痛みは、ぽん吉の心の痛みだと思っています。暫くは不便ですが、ぽん吉一家変わりなく元気です!!!休肝日となっていいくらいかも(笑)
ぽん吉への思いやり本当にありがとうございます。私、涙がだでるほど嬉しかった。わたし達、いつも励まされています。これからもよろしくお願いします。 ponkichiママ
Commented at 2012-05-19 12:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by a-ponkichi at 2012-05-19 20:11
「犬は神様」ほんとですね。
わたし達にとってぽん吉は奇跡。
いろんな事を教えてくれます。
噛まれたって愛情は深まるばかり(傷もですが・・・笑)
今もゴロリンとした姿で癒してくれてます♪
ご心配おかけしました。 ponkichiママ
<< 12-121 反省 12-119 可愛いコヤツ! >>