12-042 アトム君の行方・・・
<2月9日>
ぽん吉一家は
○○サマ からいただきましたコメントでこの事件を知りました・・・

1月23日 長崎市で起きた盲導犬(アトム君)が行方不明になっている事件、みなさんはご存知でしょうか? 長期に渡ってユーザー(視覚障害者)から虐待を受けているとの情報が広がる最中、玄関にいたはずのアトム君が失踪。ユーザーさんは長崎署に盗難届を提出し、長崎新聞 は「市民にも情報提供を求め、“相棒”の帰りを待ちわびている」 と報じています。

この事件に触れたことで大きな波紋を呼んでいる「長崎 Life of Animal 」 さんのブログを拝見し、その関連記事と200以上のコメントを読ませていただきましたが、その中でドキッとしたところが・・・ 「長崎 Life of Animalスタッフも盲導犬協会に確認した所、協会側は『虐待の事実は無かった。2ヶ月に1度トレーナーと共に視察、確認に行っていて問題無し』でしたとの回答でした。」 と書かれている部分・・・ ぽん吉ブログで何度か投稿している「永山のラブちゃん」 について 僕自身が協会に報告した際に聞かされた返答と全く同じだからです。
(注:ラブちゃんの場合、愛情に満たされているようには見えませんが、協会への問い合わせは虐待の疑いではなく、体調管理と誘導の仕方&され方についての疑問です。協会もアトム君とは異なります)

各々の立場で真実を疑問視している間にも時間は流れます。厄介にしたくない、なるべく関わりたくないとも思うものです。でも、最悪の結末になってから真実が明らかになったり、行動出来なかった(しなかった)ことに後悔しても手遅れです。もっと問題なのは、後悔を経験しても人(社会)はなかなか変われていないこと・・・

「長崎 Life of Animal 」 さんは何日にも渡ってこの一件に関して投稿されています。
波紋は広がるほど誹謗中傷も増えてしまいますが、人間のために働いている(働かされている)動物の「命」について 一人でも多くの人たちと考えられることを心から祈ってここでも紹介したいと思います。


by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2012-02-10 02:18 | ワンコ
<< 12-043 気まま散歩 12-041 銀座壷焼 発酵バ... >>