12-009 牛みすじステーキ
<1月8日・夜>
2002 CHATEAU LESTRILLE CAPMARTIN, CUVEE TRADITION
/ A.C BORDEAUX SUPERIEUR
b0179093_11243928.jpg
時々、お肉が食べたくなる時があります。
”みすじ”は肩甲骨にくっついている希少な部位で、肌理の細かい霜降り肉です。
一枚ペロリのはずが、三切れで十分満足・・・どうやら、そのようなお年頃のようです。
ちなみに、ぽん吉は牛肉から食べていました。まだまだ若者です。

付合せはネギ、えりんぎ、蓮根をにんにくとバターで焼きました。野菜はいくらでも食べられます。ネギのバター焼きは甘くてトロリとして病みつきになりそうなお味です。

お肉の焼ける匂いだけでグイグイ飲めそうな今日のワイン。最初の一口で牛肉が食べたくなる味してます。ちょっと前まで「お腹あんまり空いてない」って言ってたはずなのに・・・
食いしん坊には、マリアージュってのもいかがなものか・・・

ぽん吉の翌朝ご飯は、みすじ炒飯。ペロリ完食でした。

by.ponkichiママ
by a-ponkichi | 2012-01-11 12:15 | | Comments(0)
<< 12-010 鱈と海老のスープ 12-008 白菜とアンチョビ... >>