11-326 呑み助ガーデン ―魚河岸―
<11月19日・夜>

根津の将軍さまこと、メゾン デュ シャテーニュ の栗原シェフ主催、
呑み助による呑み助のためのチャリティーディナー 「呑み助ガーデン」。
第5回目になりました今回のお題は ”魚河岸”・・・
b0179093_13353727.jpg

こちらは二皿目の盛り合わせ。

能登のヤリイカの網焼き・・・
刺身もいいですがホタテとイカはサッと炙るに限りますねー。エビやカニにも似た香りがフワッと出てきます。スダチを搾ってムスカデ(2009年 ドメーヌ デ オー ペミオン作)と。レモンを搾ってベルジュリードロルチュの白(2010年 ドメーヌ ド ロルチュ作)と。塩を少々加えるとムスカデが活きます。普段はオリーヴオイルでロルチュに合わせますが、江戸前色の今日は醤油を数滴としました。焦げた香りが更に芳ばしくなります。

生本マグロの漬け・・・
美味しい美味しいフルーツをシャーベットなんぞにする理由は、生より美味しくなるから (まー そうでないものが多いですが)。漬けもそうだったんですねー。漬けタレはマグロの味を〆るためのもの。なので生よりもマグロ味が濃縮するのですね。なので非常識な量のワサビを乗せてもフルーティーに中和してしまいます。なのでモンクール(2009年 J.L.シャヴセレクション作 コート デュ ローヌ)のようなかなりしっかりした赤ワインでも美味しくなってしまうのですね。ワサビを控えてボージョレヌーヴォー(2011年 フランク ジュイアール作)でも楽しめます。

煮蛤・・・
時間をかけて煮含ませられ 生のように柔らかく仕上がった桑名(三重)の蛤。シェフは初めて作ったそうですが、こんな煮蛤はいただいたことありません。これまた上品なお味ですが濃厚です。濃厚ですが熱々のご飯が欲しくなるような濃さとは違います。どのワインでも楽しめるアテ、失礼、逸品ですが モンクールとの相性が好み。ハマグリロッソ!

さんが焼き&なめろう・・・
能登の極上鯵に混ぜられた小柱と舌切(青柳の足)の舌触りがとってもリッチ。魚ハンバーグのようなさんが焼きしか知らない方は是非一度お召し上がりください! とは言いましても普段はメニューにありませんでした。でも、冷製ハンバーグのようなテリーヌしか知らない方は、ここに本物のテリーヌが常時(たぶん)ありますので是非。ワインはロルチュも悪くありませんが味噌ゆえ赤でしょうか。ヌーヴォーが美味しかったです。生(なめろう)は特にヌーヴォーです。なめろうは完全に和食ですが ガーリックトーストに塗って供してはどうでしょう? って言うか、そう、またいただきたいだけです。

一番手前は中トロ。テレビで見る銀座のお寿司やさんだとこの二貫でおいくらでしょう。でも、漬けの後だと然程の魅力は感じません。贅沢は怖いですねー。


メインディッシュは豊後水道のクエ鍋、シャトーラヤスなる銘酒へと会はまだまだ続くのですが、ちょっとお疲れ気味の輩の体力と記憶がはっきりしているのはこの辺りまで・・・
気がつけば翌朝、いつものようにぽん吉と不忍池の人となっておりました。



by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2011-11-22 06:32 | | Comments(0)
<< 11-327 温度による味わい... 11-325 鶏なべ >>