11-317 とらやの羊羹「夜の梅」
<11月13日・夜>
b0179093_13251170.jpg
12日わが家にお茶革命がおこりました。
今までと同じお茶っ葉なのに、味がまるっきり違います。これには夫もビックリです。

お茶の楽しみは、おままごとみたいな小振りなお道具や小さいお菓子選びにもあります。
とらやの”夜の梅”の銘は切り口の小豆が、夜の闇にほの白く咲く梅を表すことから
付けられたそうです。なんと雅な・・・ため息がもれます。

一煎目はお茶の甘みと旨味をじっくり味わい、お菓子はそれ以降に。
夜の梅は美味しいとしみじみ思うのですが、やはり玉露に合わせたいお菓子でした。
お煎茶なら明石の丁稚羊羹のほうが合いそうです。

もう一本ワイン開ける?を、お茶にすることで別の世界が広がり新たな楽しさを発見。
「闘茶」とうい産地を当てるお遊びもあります。ワクワクします。

余談ですが、私たち朝や普段に飲みたいのは番茶だったのね・・・と気づきました。
今度買うのは2ランク位おとしてよさそうです。知るということはお財布にも優しいことでした。

by.ponkichiママ
by a-ponkichi | 2011-11-15 14:41 | | Comments(0)
<< 11-318 温度による味わい... 11-316 冷奴+にんにくチップ >>