10-271 がんばれ クーちゃん!
<5月24日>

ある事情で親戚の家で飼われるようになった中型犬(ミックス)のクーちゃんに会ってきました。

三か月ほど前までは屋外に繋がれっぱなしで散歩もしてもらえず、ウンチにまみれて餌皿が転がっているような環境でしたが、徐々に改善してもらって、今は小屋周りもキレイでお散歩も毎日してもらっています。(^-^)

シャンプーとブラッシングをしてもらったことがないので、ぽん吉用に持っていたコームでとかしてから使い捨てウェットタオルで体を拭いて上げたのですが、何枚使っても綺麗に出来ないほどベタベタで真っ黒でした。吠えることがなくなり、2~3分は人の隣で落ち着いて座っていられようにもなりました。お散歩はもの凄い力で引っ張っていましたが半日の間に何度か練習しただけで人の顔を見ながら歩けるようにもなりました。これにはビックリです。ぽん吉がこんな風に歩けるようになるには1年かかりましたから。ぽん吉に費やしている苦労を思うとつい溜息が出てしまいます…。(もちろん、一番頑張っているのはぽん吉です!)

翌日は大雨でした。帰宅前にもう一度親戚宅に立ち寄ると…、クーちゃんは雨と跳ね上がる泥でドロドロに汚れて軒先の隅で小さく丸くなっていました。小屋の中の座布団がびしょびしょで入れないのです。僕たちの目には虐待にも映りますが、悲しいかなこの辺りでは特別な光景ではないようです。夏でも冬でも犬なんだから大丈夫だなんてことは決してありません。鎖に繋がれていなければ暑さ寒さを凌げる場所を見つけられますが、多くのワンコは外でさほど長くない鎖に繋がれているのです。冬の雨や夏の太陽がどれほど酷か…。やんわりとそんな話しをして家路につきました。途中で電話を入れてみると、早速、今は使っていない納屋の玄関内に移してくれたようです。「クーちゃんよろこんでたよ」とも言ってました。家族の人たちも少しずつですが愛情を持ってくれはじめています。

もう少し暖かくなったら今度はシャンプーをしてあげに行きたいと思っています。綺麗にサラサラになってみんなに撫ぜてもらえるように。そして、みんながいる家のせめて玄関で暮らせるように…。 by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2010-05-27 20:10 | ワンコ
<< 10-272 福島産アスパラガス 10-270 馬頭広重美術館 >>