10-116 ぽん吉 分離不安?
<3月5日>

ここ数日、出勤時間が近づくとぽん吉の様子がヘンです。こっちをジーっと見て隣に座ったり、玄関に座ったり、妻の後をついて歩いたり…、その表情は涙がこぼれそうなほどに不安げです。ネットで調べると「分離不安障害」の一歩手前の症状に当てはまります。この3年間、平日は1日4時間2回の留守番を続けて慣れているはずなのですが…。

わが家に来た頃は、充分な散歩や運動をさせているにも関わらずテールチェイシングや体の一部を毛が薄くなるほど舐め続ける等の常同行動(精神病)が見られたこともありました。いまだに特効薬がなく心配しましたが、ぽん吉の場合 レメディ (プラシーポとも言われています)を試すと効いてるとしか思えないほどみるみる良くなり、すっかり治すことが出来ました。ぽん吉が本当に分離不安なのかは判りませんが、今回もレメディで様子をみたいと思います。 by.ponkichiパパ

   化粧中の妻の背中を見上げるぽん吉b0179093_783597.jpg
「ボクヲヒトリニシナイデ…」
妻いわく「本当に泣いてるよ」とみんなでウルウル…。
レメディは僕たちにも必要かも。
by a-ponkichi | 2010-03-06 08:00 | ワンコ
<< 10-117 蕪とハムのサラダ 10-115 ぽん吉ママの小料理や >>