10-106 嬉しくて考える…
親戚の家にいたワンコ…
約4歳。
約4年間、屋外の犬小屋に繋がれっ放し…
狂犬病もワクチン注射もしてもらったことがありません。
ショックでした。


寒かったり暑かったり、
気持ち良かったり苦しかったり、
嬉しかったり辛かったり…

「人間とは容姿と思考能力が違うだけで、
あのコも感情を持って あそこで生きてるんです」みたいな
わかったような話しをして
散歩させてもらいました。
凄い力で引っ張っぱられて(ぽん吉もこんなんだったな~)
汗かきながら たくさんたくさん撫ぜてあげると
ニコニコしながらお座りして僕の目を見てきます。
とってもいーコです。

あれから二週間…
あの時のワンコの笑顔が飼主家族にも伝わったようで、
今は毎日お散歩してもらっているそうです。

そこらじゅうウンチだらけだった小屋もきれいにしてもらって、
今はちゃんとお散歩の時に済ますそうです。
撫ぜてあげると喜んで
お腹まで出すようになったようです。(ぽん吉にも出来ないのに…)

「人生(犬生?)変わって喜んでますよー!」と言ったら、
「私たちも変わったわよー!犬に愛情が湧いてくるなんて…」と
予想外の嬉しい言葉が返ってきました。


田舎に行くと繋がれっ放しに見えるワンコがけっこういますが、
可愛くて飼いたくて買ってくるというより
野良犬を飼い始めたり、ご近所からたまたま もらってきちゃったりで、
「犬」のことや「命」についてなんて改めて考えること(習慣)などはなく、
昔から犬は家の庭に繋がれてワンワン吠えているのが普通…
当然ながらそこに罪悪感はありません。

その罪悪感と責任感の乏しさが
ワンコ達を殺処分に追いやっていることを思うと
また深く考えさせられます。

でも、ま、とりあえずはよかった!

by.ponkichiパパ


追伸:「ハチ公物語」「名犬ラッシー」「フランダースの犬」を義務教育に!
by a-ponkichi | 2010-03-01 10:56 | ワンコ
<< 10-107 お疲れさま! 10-105 ぽん吉も晩酌? >>