ワインの真話 第16話 <ビオワインと劣化ワイン> 09No372
第16話 <ビオワインと劣化ワイン>

ビオワイン… ビオダイナミック、ビオディナミ、シュタイナー農法 とも呼ばれる有機栽培を用いた生産者のワインのこと。

 提唱者である哲学者・神秘思想家のルドルフ・シュタイナーさん(1861-1925)自身がこの農法を実践していたかは定かでなく、従っている「農業暦」は、占星術等を元にしたスピリチュアルなもので、実際の力学的な作用ではないことから実践者が増える半面、「黒魔術」との見方もあります…。
b0179093_2485648.jpg

 確かにビオワインを唱うものには共通の香りがあるような気もしますが、それ以上に共通しているのは劣化していることです。ビオの実践者には酸化防止剤を嫌う生産者が多いため、ビオワインの取扱いにはより一層の慎重さが求められます。言ってみれば劣化しやすいのですが、酒屋や輸入会社がそれらを特別慎重に取扱っているとの話しは聞いたことありません。酸化防止剤が使われていても鮮度が保てていないのですから、無添加またはそれに近いワインの鮮度がどの程度かを想像することは誰にでも容易です。
 「ビオワインには特有のビオ香がある」とここ数年よく聞きますが、正しくは「ビオワインが劣化した特有の臭い」を指しているのだと思います。
 一部を除いた多くのテイスターは、ビオであることが公になっているワインに限って「ビオ香だ」と言っている様子から、ビオ香は微妙で先入観の影響が大きいことは確かです。

大切なのは酸化防止剤入りワインより酸化したワインの方が体に悪いこと

 ワインが「果実酒」というカテゴリから外れて「生鮮食品」との認識が高まり、ラベルではなく中身に対して鮮度が問われると多くのワインが回収されることになるのではないでしょうか。
「体に良いビオワイン」などの宣伝文句でコンビニの陳列棚と変わらない環境に並んだワインを見る度にボーっとしてしまいます。

 愛情を掛けて造られた、劣化とは無縁のビオワインをあちこちで楽しめる日が来ることを祈っています。

by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2009-10-26 02:39 | ワイン(下記タグ参照) | Comments(2)
Commented by a-ponkichi at 2009-10-28 03:00
meiqiサマ いただいたコメントの記事が自然消滅してしまいました。失礼しましたm(__)m
Commented by Meiqi at 2009-10-28 11:43 x
あら!復活したんですね。
摩訶不思議ぃ〜〜〜〜
<< 明後日のぽん吉 09No373 関東煮き 09No371 >>