雄雛とマコン 09No351
<10月17日・夜>
2005 MACON-CHARNNAY / Domaine MANCIAT-PONCET
b0179093_1592636.jpg
今晩もまた、いただきもののご馳走。
ブルターニュ産雄雛。
テフロンのフライパンに皮目を上にして蓋を被せて超弱火で5分。
身を取り出して、フライパンのみ超強火で加熱。
鶏から出た肉汁が沸いたらマコンシャルネを50ccほど入れて、
半分まで煮詰まったところへお醤油を少々。をソースにしました。
フライパンをきれいに拭いてから
今度は強火で皮目をパリッと。完成。

「ブルターニュってどこ?」
「マコンってどこ?」ってことで、
ぽん吉ママ 明日からリビングにフランス地図を貼るそうです。

始めての味。
茹でたまごのような甘い香り。
肌理の細かい肉質がなんともしっとり。
味わいは、ソースに使った醤油も手伝って「おでんのたまご」。
ワインを口にすると、熟した南国果実の香味がソースのお手伝いをします。
柔らかい酸味が良いお仕事をしています。
「星、三っっっっつ!」なマリアージュ。
いやいや、贅沢なひと皿。
ハーフのマコンシャルネは二本でも足りませんでした…

根津の方向を向いて一礼。
持つべきものは友でございまする。
「ごちそうさまでした」

デザートは、
これまたいただきもののクッキー。
しかも ジャルダンブルーです(*^^)v
合わせた飲み物は、テラスドギレムの赤でした。 by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2009-10-18 02:52 | | Comments(0)
<< 17日のスライドショー 駒沢里親会&ウォーキング大会 ... >>