ブタ肉と白菜とエノキのお鍋 09No326
<10月7日・夜>
2006 CHATEAU LESTRILLE / A.C BORDEAUX SUPERIEURE

b0179093_23424987.jpgワインに合わせて味噌チーズ味にするか醤油黒コショウ味にするか迷って、ワインを一口飲んでから醤油黒コショウ味に決めました。「コショウは砕いて入れてね」と口をだしたらムッとしながら「カリカリじゃだめ!?」と返ってきたので「(しょうがなしに)あーいーよ」と言ったのですが、蓋を開けてみると黒コショウはかなり粗挽きになってました。ぽん吉ママ流石です、ミルのネジをいっぱいに緩めたんですね。ワインともぴったりでした。 by.ponkichiパパ





さて今晩のワインは…

わが家では珍しいボルドー地方の赤ワイン。理由はブルゴーニュ以上に「安かろう悪かろう」だからです。このシャトーレストリーユは安いワイン(2006年産定価2000円)ですが安っぽいワインではありません。それどころか同価格でこれに並ぶものを耳にはしても口にしたことはありません。安物のボルドー産のカベルネは料理にも使えませんが、レストリーユのメルローは倍の価格でもみあう熟度とストラクチャーで、タンニンにも節度があります。節度と言えば、このシャトーのオーナーさんは以前ブドウ栽培家組合の会長という立場でボルドーワインの普及のために何度か来日もしていますが、自分のワイン(レストリーユ)の宣伝は聞いたことがありません。こういう節度がワインにも投影するのでしょう。宣伝広告や販売促進グッズにお金を使っているワインとは逆にあるワインです。実力が認められて数年前に格上げされましたが価格は据え置き。真面目なワインです。

ちなみに、二種類のグラスが並んでいますが向かって右が正解です。形の違いは僅かですが味は天と地ほどの違いでした。
by a-ponkichi | 2009-10-08 00:13 | | Comments(0)
<< 寝不足 09No327 台風が来る前に 09No325 >>