富士・談合坂野菜 09No111
2005 LES LEZARDES BLANC V.D.P / Domaine RENE ROSTAING

b0179093_6325999.jpg富士吉田・談合坂野菜第二弾です。本日の料理は「野菜のオーブン焼き&平田牧場のチョリソ」「富士・談合坂サラダ」「かぼちゃの冷たいスープ」です。野菜中心です。昨日洗って冷蔵庫に入れておいた葉物はシャキシャキですぐ使えて便利です。クレソンは茎だけになり何だか淋しいです…明日オムレツにします。今日の一番は”富士・談合坂サラダ”ですねぇ~富士吉田道の駅と談合坂サービスエリアの野菜で作ったので変な名前に…サラダの上にポトポトと落としたドレッシングと最高に美味しかったです。このドレッシングは焼き野菜にもピッタリで定番になりそうです。適当料理は面白い!美味しい野菜の力もすごい!できれば山の中で美味しい野菜に囲まれて暮らしたいです。ぽん吉もうなずいてます…。そうそう、皆様、夏休みの計画は立てましたか?ぽん吉一家もいろいろ考えてますよ~楽しみだなぁ~。 by.ponkichiママ

b0179093_6343186.jpg
b0179093_629549.jpg






< 今宵のワイン >
2005年レレザールド(白) ルネロスタン作(非売品)
ローヌ地方、ヴィオニエ種100%、地酒ではありますがコンドリューと何ら変わらない贅沢な白。
今日の料理は全てこのワインとピッタリです。特にサラダに使ったアンチョビソースはこのワインのために考えたものです。アンチョビの塩辛さは南仏産の酸味が丸い白とも赤とも良く合います。特にや冷やして美味しい赤ワインとの相性は特別です。今日のワインはまろやかでリッチな白なので、アンチョビの塩辛さがやや強く感じてしまいます。そこでマヨネーズを絡めて塩辛さをマスキングしてるわけです。タマネギもポイントになってます。とある有名なワイン専門書には、玉ねぎとワイン、またポタージュとワインも「合いません」とはっきり書いてありますが、わが家ではかなり美味しく食しております。

< 今日の器 >
灰釉カフェオレボウル・・・中村 知子
b0179093_21294031.jpg岐阜県で作陶されている中村さん、かなり渋いですがコロンとした形が愛らしく水道橋の「千鳥」さんで購入しました。微妙な色合いの器ですがスープとピッタリはまったのは…そう、器とスープがまさにカボチャ色だったからです。


*サラダ*
 <作り方>
   ①サニーレタス・クレソン・春菊少々は洗って水気をきり冷蔵庫で
     パリッとするよう冷やす
   ②①に塩少々とオリーヴオイルをからめ、器に盛る
   ③アンチョビソースを散らし黒胡椒を挽き出来上がり~
  ★好みの野菜でアレンジ可能ですがクレソンは外せません。
*アンチョビソース*
 <作り方>
   ①玉ねぎのみじん切り・おろしにんにく少々・アンチョビみじん切り
     にマヨネーズを加える
   ②①に白ワインビネガー・オリーヴオイル・黒胡椒を加えドレッシ
     ングを作る要領で混ぜれば出来上がり~     
  ★このソースは焼き野菜や茹で野菜につけても美味しいです。
    応用のきくお勧めのソースです。
  ★サラダの野菜の水気をきり過ぎるとドレッシングと馴染みに
    くくなるので、グルグル回すタイプのを利用する場合注意です。
by a-ponkichi | 2009-06-21 22:30 | | Comments(0)
<< ぽん吉の階段下り 09No112 ワインの真話 第3話 <デカ... >>