オゾタグロワーズさんの茹で野菜 09No62
2006 BOURGOGNE ALIGOTE / CHATEAU DE LA VELLE

料理屋さんでは「契約農家の野菜」が流行真っ只中。あちこちでいただきますが、何度食べても美味しいな~と思うのが根津にあるフレンチのシャテーニュ さんと、お取り寄せ可能な広島のオゾタグロワーズ さんの野菜です。どこが好きかと言うと、味付けしようという気にならないところ。お酒を飲まなければ塩もいりません。「素材を活かした…」とは一昔前の決まり文句ですが、今は「いかに形を崩すか」がテーマのようで、何を食べているかは説明されて初めて分かるサプライズ?の時代。オゾタグロワーズさんの野菜は「茹でるだけ」にかぎります。家で出来る一番美味しい調理です。甘いだけでなく野生味と太陽の香りに舌鼓(^-^)
b0179093_1335226.jpg
ワインはアリゴテ(06年シャトードラヴェル作 定価2300円)を開けました。05よりスッキリしてカリンや若いイチゴの酸味がよりアリゴテ種らしい味わいです。数種類のグラスが写っているのは、05が美味しかったグラスに注ぐと酸っぱ過ぎるので、06に合うグラスを試しているところ。面白いほどコロコロ味が変わります。面倒でもありますが初めて飲む時はいつもこんな感じです。
by.ponkitiパパ
by a-ponkichi | 2009-06-01 23:50 | | Comments(2)
Commented by しろママ at 2009-06-03 19:01 x
ある意味一番贅沢な食卓ですよ。
本来の野菜の味で美味しいワイン、ヤァ~羨ましいわ。
Commented by a-ponkichi at 2009-06-04 06:56
しろママさま 天ぷらもいーですけど、やっぱり茹でるか蒸すかが一番ですよね!本当にオゾタさんの野菜やお米は美味しいですよ。ぜひ一度試してみてくださ~い(^o^)/
<< 味噌ドレッシング 09No63 「はよして~なぁ~」 09No61 >>