銀歯を被せる 09No23
いよいよ銀歯を被せる日です。仕事が休めず車での送迎を父親に頼みましたが、口輪とEカラーが僕にしか出来ないので仕事の合間を縫って病院で合流することにしました。ぽん吉は既に悟って冷静でしたが病院の外で口輪をしようとすると僅かに抵抗しました。心配して看護婦さんが来てくれ「後ろからすると楽ですよ」とアドバイスしてくれました。「あっ、ありがとうございます」…そんなこた~承知の助。おやつを使ったり力ずくならもっと楽かもしれません。でもイヤがるぽん吉を無視したくないのです。僕(または妻)を信頼して口輪を正面から受け入れて欲しいのです。それから5分ほどかかりましたが何とか装着出来ました。僕が一緒にいられるのはここまでです。後は先生にお願いするしかありません。4時間後、「無事終わりました。安心して…」と妻からのメール。更に2時間後、「帰宅したら半開きの目でジュンを探してます。なるべく早く帰ってきてあげてね」とのメール。この一時間後から僕は取引先と食事。長い長い食事でした。「ぽん吉、お疲れさん」
by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2009-05-01 23:17 | ワンコ | Comments(0)
<< ノーリード初体験 09No24 えっ、膝枕? 09No22 >>