リードを放したら… 09No15
久しぶりにぽん吉が大好きなホームセンターに行って来ました。いつも大興奮で、リードを放そうものなら所構わずスッ飛んで行きそうなほどですが、今日は「スッ飛んで…」というよりオロオロと慌ててるといった感じでした。「あっちにもこっちにも行きたいけどちゃんと付いて行かなくちゃ」という気持ちが格闘していたのだと思います。ちょっとカツが要りましたが、すぐに落ち着けました。ペット用カートに乗せても立ち上がることなくこっちを向いたまま座っていられました。「三歳になると落ち着くからねー」と言われると三人四脚(六脚?)で頑張ってきた約一年間が悲しくなりますが、躾をしてなければ今でも後ろから付いて歩くことは出来てないと思います。少なくてもぽん吉の場合はヨボヨボになっても「オレはこっちに行きたいんだ」と僕達をリードしているでしょう。今更ですがリード(綱)は導びくための物だからリードって言うんでしょうね。つまり前を行く者がリーダーなわけですね。書いていて気が付きました。さて、買い物を終えて妻がレジに並んでいる間にカートを返してぽん吉を下ろしたのですがやけに落ち着いてるので「フセ、マテ」のハンドシグナルをしてみるとスルスルーっと従います。表情は笑顔で穏やかです。今のぽん吉に格闘はありません。
突然、キケンな衝動にかられます。リードを放して二歩三歩離れてみたのです…。場所は多くのお客さんが往来する出入口近くのエスカレーター横です。ぽん吉はチラリチラリと僕を見ながらノホホ~ンと伏せています。すると「キャー見て見て~」「かわい~」「お利口だね~」「凄~い」と何人もの人が寄ってきました。大した人気者です。今まで味わったことのない、優越感とも満足感とも違う何とも温か~い、幸せ~な気持ちになりました。ぽん吉と見えない絆で結ばれた一瞬。ノーリードの夢が叶った一瞬でした。
by.ponkichiパパ
by a-ponkichi | 2009-04-20 23:23 | ワンコ | Comments(0)
<< 腹ペコ家族 09No16 今日は残念 09No14 >>